くわがたEnglish

40代&独学でもまだまだ英語力向上中。8年間(25回)の過去問分析から得た英検1級の攻略法を公開中!

英検1級 二次試験 面接対策本に書いていないこと

二次試験対策の関連記事をまとめています。

www.kuwagata-eng.com

 

今回は英検1級二次試験対策本等で書かれているポイントについて

少なくとも僕はこれで合格したよ

というポイントについていくつか書いてみたいと思います。

 

 

スピーチの根拠は3つもいらない

面接大特訓でも14日でできる二次試験対策でも、スピーチの根拠を3つ挙げることを推奨していますが

根拠2つだけでスピーチ8点(10点満点)もらいました

おそらく中身のあることを2分間話せるのであれば1つでも十分だと思います。

IntroductionやConclusionも1文ずつで十分ではないでしょうか。

 

大事なことは

①最初に自分の立場を明確にしておくこと

②自分の立場を守って一貫したスピーチを組み立てること

③一般化して話すこと(個人の感想にしないこと)

の3つだけだと思います。

 

また

Q&Aの回答の根拠も1つで十分です

 よっぽど議論慣れした人でもない限り、その場で質問されてその場で2つも3つも理由を言うのは不可能だと思います。思いつくまま話して、1つでも言えれば十分、可能なら複数挙げるという程度で十分でしょう。

それに

for three reasonsとかも言わなくても大丈夫です

「理由は3つ」と言ったのに途中で1つど忘れしてしまったとか、結局2つしか思いつかなかったとか怖くないですか?安全策をとって敢えて言わないというのも作戦としてアリだと思います。

 

パラフレーズは本質ではない

同じ表現の繰り返しは避けるのが上手なスピーチだと言われています。

確かにその通りですが

僕はほとんどパラフレーズできませんでした

それでもスピーチで8点、Q&Aでも8点もらっています。

おそらくパラフレーズができているかどうかは高評価を与えるかどうかの基準であって、合否を分ける基準ではありません。

パラフレーズは思いついたら使う、思いつかなければ同じ語句を繰り返して構わない、くらいの気持ちでいいと思います。

 

数値は必ずしも必要ない

面接大特訓では「最新のデータを出すことが重要」という記載が何箇所かありますが、必ずしも必要ありません。

少なくとも僕は1つもデータを提示していません

すでに覚えているデータを使うのは全く問題ありません。むしろ良いことだと思います。

ただ、覚えていないデータがあるからといって焦って色々と詰め込む必要はありません。

「大量の」二酸化炭素を放出している。「広範囲の」森林を破壊してきた。

これで十分です。

 

そして以前にも書きましたが

データの正確性は評価には全くと言っていいほど影響しません

 

面接官は1日に5つのお題が書かれたトピックカードを4枚、つまり20種類のトピックの採点をしなければなりません。

トピックは政治、経済、文化、教育、スポーツ、宗教、人間関係まで様々です。はたしてこれらの20のトピックに関する数値を完全に理解している人がいるでしょうか。

1つ2つのトピックなら専門的な知識を持っている面接官もいるかもしれません。しかし、その面接官が自分の得意分野とそれ以外の分野で採点基準を変えることが許されているでしょうか。

小学生でも合格することがある試験です。果たしてそれらの小学生が一般の大人でも知らないような専門知識を豊富に持っていたのでしょうか。

 

いずれも答えはNoだと考えるのが自然です。

(面接官も人間なのでほんの僅かに影響が出ることはあるとは思いますが)

 

受験者が「太陽は西から昇る」とか「猿は人間から進化した」といった、完全に間違ったことを言えば別ですが、ある程度理屈が通ったことを話したとしたらそれがウソだと断定することは不可能です。

まして自分と同じ意見の場合は合格だけれども、異なる意見の場合は不合格なんてできるわけがありません。

 

面接官が注目するとしたら、「そのデータが主張の裏付けとしてふさわしいか」の一点だけでしょう。

たとえば2050年に温暖化の影響で絶滅する動植物が20%だろうが50%だろうが大きな問題ではありません。「温暖化はマズい」という主張の裏付けになっていればいいのです。

10年後に再生可能エネルギーの割合が50%になっていようが、80%になっていようが大きな問題ではありません。「近い将来に再生可能エネルギーの利用率が大幅に上がる」という主張の裏付けになっていればいいのです。

 

面接官を論破する必要はない

Q&Aで特に注意したいのは面接官を論破する必要はないということです。

テレビの討論番組を見たことがあるでしょうか。30分も1時間も、場合によっては深夜から早朝まで議論しても結論なんか出ません。お互いに平行線です。

たった4分間の質疑応答でどちらが正しいかなんて決められるはずがないのです。

 

そして面接官にもいろいろな人がいます。

核兵器の所持に賛成の人もいるでしょうし、反対の人もいるでしょう。

保護貿易主義の人もいれば、自由貿易主義の人もいるでしょう。

肉食が好きな人もいれば、ベジタリアンの人もいるでしょう。

先程も言いましたが、「自分と意見が違うから評価を下げる」なんてことをする人を英検協会が採用するはずがないのです。

 

Q&Aで痛いところを突かれたとしても、慌ててはいけません。

面接官はあなたの主張を否定しようとしているのではなく、あなたの反応を見ているだけなのです。

 

たとえば「原発を活用すべき」というスピーチに対して

原発の危険性についてはどう考えるか。チェルノブイリ福島原発の周辺は住めなくなっているが

と質問されたときにムキになって、「いや原発は安全対策が十分にできている」と答えるよりも

あなたの心配はわかります。たしかに事故には注意しなければなりません

と完全に相手の話に乗ってもいいと思います。最後に

しかし、電力を確保することはもっと重要です。電力がなければ経済活動が停滞し、より多くの人に影響が出ます

と自分の主張に沿った意見を述べればいいのです。

 

困るのは「どうしたらよいと思いますか」という質問で回答が思いつかないときですね。時間をかせいでも何も思いつかないときは

それについては一度も考えたことがありませんでした。あとでじっくりと考えてみたいと思います

と降参してしまうのもアリだと思います。

意味のないことをダラダラと話すよりも早めに切り上げて他の質問に移ったほうが賢明ではないでしょうか。

 

Q&Aはあくまでも質疑応答ですので、「面接官の質問が正しく聞き取れているか」「質問に対して適切に応答できているか」が重視されています。

面接官の質問のポイント(Yes/NoかWhyかHowか)を正確に聞き取って、それに対する応答を中心に回答を組み立てるのがポイントです。

 

嘘でも自信があるように振る舞う

ということで今回は面接対策本に書いていないことを中心に書いてきましたが、最後にいちばん重要なポイントです。

自信があるように振る舞ってください

 

「緊張していて上手く話せるか心配です」とか「◯◯じゃないかなと思うのですが」とか自信のない発言をしていると、

この人、大して英語できないんじゃないか

という色眼鏡で見られてしまいます。

 

面接官と目を合わせてください。

微笑んでください。

断言してください。

ポジティブな言葉を使ってください。

友好的に対話してください。

 

しっかりと相手に伝わるように話すことを心がければ、面接官もそれを汲み取ってくれるはずです。

皆さんのご検討をお祈りしています。

英検1級 二次試験 面接対策 時間稼ぎフレーズ集

二次試験対策の関連記事をまとめています。

www.kuwagata-eng.com

 

英検1級の二次試験対策について色々とお伝えしてきましたが、今回はある意味役に立たないほうがいいかもしれません。

 

それはピンチを切り抜ける(ことができるかもしれない)方法です

 

もともと僕はネガティブな性格なので

失敗したらどうしよう。頭が真っ白になったらどうしよう。

という心配が尽きません。

 

スピーチで話す内容が何も浮かばなかったら?

話したい内容について適切な表現が思い浮かばなかったら?

Q&Aでしっかり聞きとれなかったら?

Q&Aで返答に困ったら?

 

そこで思ったのです。

最初から時間稼ぎのフレーズを用意しておこう!

 

というわけで今回は困ったときに使えるフレーズをご紹介します。

とりあえずこれらの言葉を言っている間に脳みそフル回転で次に言う内容を考えます。

これらを言ったからといって必ずしも次のアイディアが思い浮かぶわけではありませんが、無言で黙り込むよりはよっぽど印象がいいはずです。

 

言葉につまった編

何を言えばいいかわからなくなったときに使える表現です。

How can I say ... 「どういったらいいんでしょうか」

It's on the tip of my tongue. 「喉まで出かかっているのですが」

I just can’t remember the right words. 「適切な言葉がちょっと思い出せないのですが」

 

そのほかにWell. / Let's see. / You know.がありますのでワンパターンにならないように使い分けたいところです。

 

自分で失敗に気づいてしまった編

喋っている途中で自分でも何を言っているのかわからなくなったときに使える表現です。

Let me put it in this way. 「言い方を変えさせてください」

I mean ~. 「私が言いたかったのは~ということです」

 

Q&A 面接官の質問が聞き取れなかった編

Could you please say that again? 「もう1度言っていただけますか」

I didn’t quite catch what you said. 「おっしゃったことが聞き取れませんでした」

Do you mean ~? 「~という意味でしょうか」

 

Pardon?やExcuse me?というのもありますが、返答内容を考える時間を確保するためにも少し長めのフレーズを使いたいものです。

 

Q&A 解答が思いつかない編

It’s an interesting question. 「それは興味深い質問ですね」

It’s a difficult question. 「それは難しい質問ですね」

I have never thought about that. 「そのことについては考えたことがありませんでした」

I understand your concerns. 「あなたの心配はわかります」

As you say, (面接官の主張を繰り返す) 「あなたがおっしゃるとおり~です」

It's true that (面接官の主張を繰り返す) 「~であることは事実です」

何回も聞き返すわけにはいきませんので、これらのフレーズを言っている間に反論を考えます。

特に下の3つは直後にHowever, ~.と続けると「あなたの考え方にも一理あると思うが、自分の意見は違う」という形にもっていけるので、返答の中身が薄くても反論できているように聞こえるというメリットもあります。

 

もちろん中身のある英文を話す練習は必要

というわけで今回は言葉につまったときに使えるフレーズについてご紹介しました。

オンライン英会話等での練習の際に、余裕で答えられる場合でも敢えて使ってみるのもよいと思います。

もちろんこれらのフレーズだけを練習しても、スピーチやQ&Aに内容が伴っていなければ合格できませんのでご注意を。

英検1級 二次試験関連記事まとめ

英検の二次試験も近づいてきましたので、英検1級の二次対策に関する記事をまとめておきます。

 

体験談

まずは体験談。3部構成です。

 

www.kuwagata-eng.com

www.kuwagata-eng.com 

www.kuwagata-eng.com

時間管理

 2分ぴったりでスピーチを終わらせるための一工夫です。www.kuwagata-eng.com

 

 アーギュメントの組み立て方

アーギュメントの作り方、組み立て方に関する記事です。

最初に結論を言ってしまうスタイルを推奨しています。

www.kuwagata-eng.com

特に環境問題・科学技術・教育・経済発展はカバー範囲が広いのでおすすめです。 

www.kuwagata-eng.com

 自作カードでアーギュメントを特訓する方法はこちら。

www.kuwagata-eng.com

 「あれ?◯◯って英語でどう言うんだろう」と思ったときの検索法についてはこちら。

www.kuwagata-eng.com

困ったときの対処法

面接対策本に書かれていないことについて

www.kuwagata-eng.com

 

スピーチやQ&Aの最中に困ったときの対処法です。

www.kuwagata-eng.com

 

 オンライン英会話

オンライン英会話を使ってどのように面接対策するかについては以下の記事で紹介しています。

www.kuwagata-eng.com

www.kuwagata-eng.com

www.kuwagata-eng.com

 

 対策本について

対策本の使い方についてはこちら。

僕が一番おすすめするのはジャパン・タイムズ社の英作文問題完全制覇を極めることです。

www.kuwagata-eng.com

面接大特訓の使い方、注意点についてはこちらです。

www.kuwagata-eng.com

 少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

二次試験を受ける皆さんのご検討をお祈りしています。

 

英検1級 二次試験対策 検索とマインドマップで主張の強化

 

今日はインターネット検索とマインドマップを使って、二次試験で使える表現や主張を増やす方法について紹介したいと思います。

 

語彙増強にはGoogle先生

スピーチやQ&Aの練習をしていてよくあるのが

えっと…英語で何て言えばいいんだ?

という疑問ではないでしょうか。

 

これに関してはオンライン英会話等で模擬面接をしてもらっても中々解決しないと思います。

 

たとえば「近い将来に年金制度は崩壊する」と言いたいとします。

ここでよく

あれ?崩壊って何て言うんだ?catastrophe…?いや、それは「大惨事」だし…

となることがありませんか?僕はありました。

ここでcannot maintain「維持できない」等の別の言葉に言い換えることができればいいのですが、結局何もでてこないまま終わってしまうと講師に質問することすらできずに終わってしまいます。

 

身近に英語が堪能な日本人(もしくは日本語が堪能なネイティブスピーカー)がいればいいのですが、僕を含めて誰もいないという人は多いのではないでしょうか。

 

そこで強い味方となるのがGoogle先生です。

PCでもスマホでも構いません。検索ボックスに知りたい言葉+英語で検索してみてください。

先程の例で言えば「年金 崩壊 英語」で一発です(スペースを入れてくださいね)

 

f:id:amanojakuwagata:20200213054438j:plain


 

というわけでめでたくcollapseという単語にたどりつきます。

 

collapseで本当に合っているの?

と心配になったときは試しに英文を作って検索してみてください。

このときに英文の前後に半角の”(ダブルクオーテーション)をつけると完全に一致する文章だけが出てきます。

たとえば「年金制度は崩壊する」はpension system will collapseでいいのかな?と思ったら、この前後に”をつけて、”pension system will collapse”を入れて検索します。

 

f:id:amanojakuwagata:20200213054508j:plain

検索結果でまずまずの数が出てくるから大丈夫そうですね。

たまにそれほど英語に詳しくない人が書いた英文がヒットすることがありますので注意してくださいね

 

今回は天下のThe Japan Timesがthe nation's public pension system will collapseと書いていますからもう大丈夫です。

 

使える表現がいっぱい「DMM英会話なんてuKnow?」

このようにGoogle先生には非常にお世話になったのですが、僕が非常に使い勝手が良かったと思う検索ツールは別にあります。

 

それはDMM英会話なんてuKnow?です。

eikaiwa.dmm.com 

ここではユーザーの質問にネイティブや、英語に関連する職業の人が答えています。

通用する英語である可能性がかなり高いのが魅力的です。

質問ができるのはDMM英会話の会員だけですが、会員でなくても過去の質問と回答を読むことができます。

 

さらにありがたいことに、英作文やスピーチで使えそうな表現が多数あるのです。

たとえば「年金」で検索すると

f:id:amanojakuwagata:20200213054755j:plain

 

「terrorism」で検索すると

f:id:amanojakuwagata:20200213054817j:plain

 

このようにそのままアーギュメントに使えそうな英文がゴロゴロ転がっています。

お題に関して何を言えばいいのか困ったときに検索してみるとヒントがもらえるかもしれません。

 

マインドマップにまとめよう

調べたことをメモしておくにはマインドマップ形式がおすすめです。

普通にノートに1行ずつ書いていくとどのくらいのスペースを開ければよいのか迷ったりしませんか?あとで書き足すのも苦労しますよね。

マインドマップであれば空いているスペースにどんどん書き足すだけです。

 

僕はスピーチ練習の復習・補習を兼ねて、100円ショップで買ったA4無地のノートに次のようにメモしていきました。(汚い字で恥ずかしい限りですが)

f:id:amanojakuwagata:20200213054903j:plain

f:id:amanojakuwagata:20200213054922j:plain



 最初にお題を決めます。これは「年金」「テロ」「グローバリゼーション」等のかなり大きな分類でいいと思います。

あとはひたすらお題に関して話せそうなことを書き連ねていきます。PCもスマホも使い放題です。

「年金」なら「高齢化」から将来の高齢者の人口増、若者の減少について調べてメモしました。残りは英作文完全制覇や面接大特訓からアイディアを引っ張っています。

 

マインドマップの最大の利点は論理展開に強くなることです。

新しいトピックを練習しても、

あのトピックの根拠が流用できるな

とか

ここで例を出せるな

という感覚がつかめるようになります。

論理展開でお困りの方はぜひ試してみてください。

 

英検1級 二次試験対策 自作カードで特訓

 

以前に英検1級の二次試験対策にオンライン英会話を使ったことについて書きましたが、今日からはそれ以外にスピーチやQ&Aに向けて準備したことについて1つずつ紹介したいと思います。

www.kuwagata-eng.com

www.kuwagata-eng.com

www.kuwagata-eng.com

 

アーギュメントカードを使って反復練習

僕は英検1級の二次試験の勉強の中心の中心は英作文に引き続きジャパン・タイムズ社の最短合格!英作文問題完全制覇(以下英作文完全制覇)を使いました。

色々と中途半端に手を出すよりも、1つの本を完璧にしたほうが絶対に強いと思ったからです。

www.kuwagata-eng.com

 過去記事でも書きましたが、「そもそも自分の意見ってどうやって言えばいいんだろう」という状態だった僕は英作文完全制覇の和文英訳から入りました。

そして3周目か4周目だったと思いますが、和文英訳の練習の一環として英作文完全制覇をベースにアーギュメントの暗記カードを作ったのです。

 

たとえば英作文完全制覇にはこのようなコンテンツブロックがあります。

f:id:amanojakuwagata:20200211074004j:plain

 

これをもとにインクジェットプリンタ用の名刺用紙の表面にコンテンツブロックのタイトルを、裏面にコンテンツブロックの英文を入力しました。

f:id:amanojakuwagata:20200211074017j:plain

f:id:amanojakuwagata:20200211074030j:plain

 

カードでスピーチの練習する効果

カードの最大の効果は、細切れの時間で自分の意見を言う練習ができること、そしてランダムに練習できることです。

一次試験の1か月前からはひたすらこれを使ってアーギュメントを自分の言葉で言う練習です。

会社の休み時間などにカードを数枚適当に選んでアーギュメントが言えるか確認していました。

丸暗記してしまったものもありますし、自分の言葉や自分の意見に書き換えてしまったものもあります。とにかく

1つカードを見たら何でもいいから1つのアーギュメントを3文以上言う

というノルマを課してひたすらぶつぶつと英文をつぶやいていました。

 

短時間で効果を出すならポイントを絞って記入

ちなみにこのカードですが、「全部のコンテンツブロックを覚えよう」とか「裏面にコンテンツブロックを完全に書き写そう」というのは

1年(以上)後に合格できるように頑張ろう!

という人にのみお勧めします。せめて半年は必要ではないでしょうか。

一次・二次を問わず直近の試験には間に合わないと思います。

 

もし僕が今から10日後の二次面接に向けて準備するのなら

①スピーチ練習でうまく言えなかったアーギュメントを優先的に練習する

②表面にはアーギュメントの最重要ポイントのみ書く

③裏面にはポイントとなる語句やデータだけを書く

というように使うと思います。

 

たとえば次のアーギュメントを今から覚えたいとします。

f:id:amanojakuwagata:20200211074440j:plain

まず表面に「日本の女性管理職の少なさ」とだけ書きます。

そして最初は裏面を白紙にしておきます。

表面の「日本の女性管理職の少なさ」を見て3文または30秒以上何か言えればOKです。そのまま裏面は白紙にして数日後にまた言えるかどうかを確認します。

うまく話せなかったら、どのような内容を言えば良かったかのポイントだけ書きます。

たとえばlow compared to other developed nations / 10% of management positions / 1% of senior executive-level positionsくらいがあれば十分ではないでしょうか。

日本語で「他国と比べて低い」「管理職10%」「シニア・エグゼクティブ1%」と書いてもいいと思います。

 

量は自信に変わる

最終的に僕はコンテンツブロック212個+サンプルエッセイからの抜粋58個、そしてジャパン・タイムズ社のHPにひっそりとアップされているボーナスPDFからの30個、計300個のアーギュメントをこのやり方で覚えました。

f:id:amanojakuwagata:20200211075311j:plain


もっと効率的なやり方もあったと思います。

しかし1冊やりきった、1冊分の内容を自分のものにできたという自信が英検1級の合格に、そしてその後の向上心につながったと言っても過言ではないと思っています。

英検1級二次試験 面接体験談 その3 Q&A編

英検1級二次試験の面接の体験談の最終回、今回はQ&Aについて書きたいと思います。

前2回の体験談はこちら。

www.kuwagata-eng.com

www.kuwagata-eng.com

 

1問目~答えが思い浮かばず苦戦

前回はスピーチに手応えを感じたところまで書きましたが、得意の環境問題なのでQ&Aも多分イケるだろうとタカをくくっていました。

 

甘かったです。英検1級の面接官をなめてはいけません。

 

スピーチの中で大企業は環境を破壊してきたとのことですが、では大企業は利益を確保しつつ、環境への悪影響を改善するために何をすることができますか。

…あ、そっちか。電力ならいくらでも思いつくのに…。ヤバい。思いつかない。仕方ないので伝家の宝刀を抜きます。

Excuse me. Could you say that again?

はい。時間稼ぎです。

 

質問を繰り返してもらいますが、いい回答が思いつきません。頭が真っ白になりかけています。仕方がないので、更に時間を稼ぎます。

それは難しい質問ですね。大企業にとって利益を確保することと、環境への悪影響を減らすことはどちらも非常に重要です。そこで…

もう何でもいいや。とにかく何か言おう。

環境に優しい素材を優先して使うようにするべきです。例えば木材を使えばコンクリートアスファルトよりは害は少ないでしょう。

今思い出しても恥ずかしい…。もう少し格好いいことは言えなかったのかと思います。

 

 

2問目~面接官が使ったキーワードが聞き取れない

次にネイティブ男性からの質問です。

現在は多国籍企業が増え、これらの企業は複数の国で活動しているために政府による規制が適用できないケースがあると思いますが、どうしたらよいと思いますか

うわ、これまた一筋縄ではいかない問題を出してくれますね。さすが英検1級の面接官です。

それは難しく、また興味深い質問ですね。あなたがおっしゃる通り、それらの企業に規制を適用するのは難しいです…

とりあえず返答が思いつくまで時間を稼ぎます。えーと、政府がダメなら消費者かな。

ですから、消費者がそのような企業からは製品やサービスを購入しないという意思表示をすることが重要です。

ほ、なんとかうまく切り抜けられたかな。ところが!

So, you mean customers should ***** ?

 

大ピンチ!一番大事なキーワードが聞き取れない(泣)

Sorry?

もうちょっと言い方があったんじゃないだろうか…。

Customers should boycott?

あ!ボイコットか!良かった聞き取れた。

Yeah! That’s right.

あ!油断してYeahとか言っちゃった。そこはYesと言わないとダメですよね…。できればExactly!とか言えるといいんでしょうけど。

でもネイティブ面接官がウンウンと頷いてくれたのできっと大丈夫でしょう。

 

3問目~時間オーバーだけど喋り切る

気を取り直して第3問。

では発電による温暖化を防ぐために、消費者は何をすることができますか。

これは大丈夫。

やはり節電の意識を持つことが重要です。使用していない部屋の照明を消す、使っていない電化製品のスイッチを切るようにするべきです。そして…

ここでタイムキーパーから4分経過が告げられます。やばい!このままだとアーギュメントが弱い。ダメ元で最後にねじ込みます。

最新の製品を使うこともよいアイディアです。例えば私はこの夏に洗濯機を買い替えましたが、新しい洗濯機は古いものに比べて電力も水も使用量がはるかに少なくなっています。

ここまで言わせてもらったところで終了です。Q&Aで時間稼ぎをしすぎたために3問で終わってしまいました。

 

最後に何か言われましたが正直覚えていません。

ただ、少しでも印象をよくしようと最後に

I enjoyed talking with you. I had a great time! Thank you very much!

と中学生レベルですが、ポジティブに挨拶をして退出しました。

 

二次試験を振り返って

とにかく面接官のお二方が終始にこやかに聞いてくれたおかげで実力は出せたと思います。

トピックカードと面接官、両方のクジ運に恵まれた二次試験でした。

 

ちなみに二次試験終わった直後のツイートがこちら。

 

それから発表までの9日間は物凄く時間の流れが遅かったですね。

 

そして運命の11月12日。ここ10年間で一番心臓がバクバクした瞬間でした。

 

今振り返ると、この程度で英検1級に受かるのかという気もしなくもないですが、更に高みを目指すための通過点ということで良しとします。

英検1級の二次試験を受ける皆さん、いつかは英検1級を取得したいと思っている皆さんに少しでもお役に立てれば幸いです。

英検1級二次試験 面接体験談 その2 2分間スピーチ編

英検1級二次試験の面接の体験談の2回目です。前回は前泊して、早めに受付を済ませた話をしました。

www.kuwagata-eng.com

今日はフリートークと2分間スピーチについて書きたいと思います。

 

フリートークでちょっと失敗

僕の面接室は日本人女性&ネイティブ男性のペアでした。
日本人女性に座るように言われて早速自己紹介です

My name is ****.

My name is ****.

そしてお約束のMay I have your name?が…来ません。何か言われると思っていたのですが言われなかったので、不自然な間が空く前に自分から言わないとダメですね。

My name is くわがた. Nice to meet you!

とにかく笑顔で。ハキハキと。にこやかに。視線を合わせてコミュニケーションとりたいオーラを出します。

そして日本人女性から

Nice to meet you too. Could you tell me about yourself?

と聞かれたので、仕事の話をします。身バレ防止のため詳しい内容は割愛しますが

I've been working for a ****. I'm in charge of *****. I’m proud of my job because I can contribute to the society through ****.

となるべくポジティブに話すことを心がけました。

そしてネイティブ男性からは

What’s your hobby?

ここで痛恨のミス。想定問答として「今どんな気持ちか」「当日のどうやって会場に来たか」「面接に来ていなかったら何をしていたか」については練習していたのですが、なんとこの単純な質問の回答を用意していなかったのです。しかも面接前は英検の勉強ばかり。そうでなくても子どもたちの相手ばかりで、自分の趣味に充てる時間なんてありません。

えーと、読書です。歴史物をよく読みます。特に好きなのは…(やべ、戦国時代って何て言うんだろう)…サムライの時代について書いた本ですね

と逃げ切れたような、逃げ切れなかったような…。

トピックカードで当たりクジ!


ここで時間が来てトピックカードを渡されます。机の上で手を組んで、時間の経過をしっかりと確認できる体勢をとります。

www.kuwagata-eng.com

トピックカードを見てみると…
1つ目…話せそうだけどそれほど自信がない
2つ目…これも話せそうだけどそれほど自信がない
3つ目…これはダメかな
4つ目…これもダメ。1つ目か2つ目になりそうかな
と思っていたところで、来ました!

 

No.5 Should large companies reassess their influence on the environment?

大企業は自身の環境への影響を再評価すべきか

 

得意の環境問題です!ほぼ勝利を確信!(残り4つのトピックはこの時点で完全に忘却しました。ごめんなさい)

www.kuwagata-eng.com

 

準備時間は50秒。十分に余裕があります。環境問題の引き出しから大企業と関連付けられるものを用意します。

そしてタイムキーパー(ちなみに案内係の女性)からOne minute has passed!の一言。

Which topic did you choose?

No. 5. “Should large companies reassess their influence on the environment?

You have two minutes. Please start.

 

いよいよスピーチ開始!


Introductionは面接大特訓で用意した雛形通り。ここは凝りません。あっさり終わらせます。
There have been a lot of discussions and debates about whether or not large companies should reassess their influence on the environment. Personally, I think that they should reassess their influence.

www.kuwagata-eng.com

1点目、僕が大好きな地球温暖化からの論理展開です。

大企業は地球温暖化を促進している。大企業は電気を大量消費しているが、発電のために大量の温暖化ガスが放出されている。このために近い将来、居住可能な地域が狭くなるだろう。例えば北極や南極の氷が融けることによって海岸地域が壊滅しつつあるというデータがある。

2点目、開発から生態系が脅かされるという論理展開です。

大企業は自然環境を破壊している。たとえば製造業の多くの企業が工場建設のために森林を破壊してきた。このために多くの動植物が居住地を失い、絶滅しつつある。生物種の多様性の喪失は人類の食糧難につながる。

そしてConclusionも雛形です。
For the reasons mentioned above, I think that large companies should reassess their influence on the environment.


ここで残り10秒。ちょっと時間が残りそうなので若干付け加えます。
I believe that there are many things they can do to protect the environment. Thank you for listening.


言い終わって1~2秒後にTwo minutes has passed.です。

アーギュメントの途中から面接官が2人ともウンウンと頷いてくれるのが見えたので、もうノリノリです。

さらには日本人女性の面接官に

時間ピッタリでスピーチが終わりましたね!

と誉められます。正直、これはもらったな、と確信しました。

このあとQ&Aでまた落とし穴にハマるのですが。

 

次回、最終回Q&A偏に続きます。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ